オーガニックとは

オーガニックとは

  • オーガニックとはイメージ
  • 農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然を生かした農法による農産物や加工方法をさします。

    オーガニックは「健康に良さそう」「自然に優しい」など付加価値にばかりが先だった印象を持たれがちです。

    しかし、オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

オーガニックの目的は何か?

食物連鎖でつながる、地球上のすべての動植物が健全な状態で育ち、生活する。
それがオーガニックの目指すところです。

多くの人は「化学農薬や化成肥料を使わないで、食品の安全性を高めること」と答えるでしょうか?
しかしながら、食品の安全性というのは、オーガニックの目的ではなく結果に過ぎないのです。

オーガニックに何を求めるか?
それは人それそれ、「安全」「健康」「美味しい」「綺麗」など、様々な考えを持っているかと思います。
でも忘れてならないのは、私たち人間は微生物や植物がいなければ生きていけないという事実です。

微生物が自然界にある有機物を分解し、それを植物が吸収して育ち、光合成で栄養を作る。
私たち人間を始めとする動物はそれを食べて生きている。
土の中でも、水の中でも、地球上の生命はすべて食物連鎖でつながっています。
つまり、私たち人間が末永く健康であろうと願えば、
微生物や植物の生存環境(汚染のない水・大気・土)を考えないわけにはいかないのです。

ゆえにオーガニックは、化学農薬・化成肥料、そして環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、
自然のままの健全な食物連鎖を目指すのです。

お買い物クイックガイド

ページトップへ