ポストハーベスト

『ポストハーベスト農薬』
という言葉をご存知でしょうか?

 

栽培期間中の農薬散布ではなく
収穫後に虫がわかないよう
カビが生えないよう
作物に直接散布される農薬のことです。

 

日本での
収穫後の農薬散布は禁止されていますが、
輸入穀物・柑橘類などには
使用が認められていて
この場合 農薬なのに
『食品添加物』扱いとなるのです。

 

スーパーの柑橘系売り場では
グレープフルーツやオレンジなど
輸入のものの商品の値札近くに
「防カビ剤としてオルトフェニルフェノール(OPP)
チアベンダゾール(TBZ)、イマザリル、
ジフェニル(のいずれか)を使用しています」
と表示されています。

 

ただ、この表示だけをみても
ほとんどの方は
意味が分からないですよね。

 

本国で作られる際に
たっぷり農薬を散布され
輸送のときにまた
直接農薬を散布されるのです。

 

おまけに農薬なのに
「食品添加物」扱いになってしまうと
また危険度がぐんと下がる印象があります。

 

日本で消費されている
小麦の85%は輸入ものです。
特別なものを除いて
そのほとんどに
ポストハーベストは使われています。

 

大手の製パンメーカーのパン
インスタントラーメンなどは
ほとんどすべて輸入小麦でつくられています。

 

そして、それらの食品には
またそれとは別に
大量の食品添加物が使われています。
それらが
私たちの体の中で
子供たちの小さな体の中で
どのような反応を起こしていくのでしょう。

 

La Belle Terreでは
希少な青森産の有機小麦を
お取り扱いさせていただいてます。

安心・安全な食を
自分で選んでいきましょう。

投稿日:2018-09-29 カテゴリー:ブログ

検索
アーカイブ