レシピ♪♪ 炊いたごはんで簡単玄米チーズリゾット風

玄米とは

玄米とは、田んぼに実った稲のもっとも外側の籾殻(もみがら)だけを取り除いた米のことです。玄米には糠(ぬか)や胚芽(はいが)が残り、ビタミンB1や食物繊維、糖質、タンパク質、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。私たちがふだん食べている精白米は、玄米からさらに、糠と胚芽を完全に取り除いて、胚乳(はいにゅう)のみにしたものです。

 

【材料】(2人前)

玄米ごはん・・・お茶碗2杯

エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1

ニンニク(みじん切り)・・・1/2かけ

玉ねぎ(みじん切り)・・・小 1/4個

ピザ用チーズ・・・80g

粉チーズ・・・小さじ1

黒いりごま・・・大さじ2

トマト(1cm角に切る)・・・1個

・顆粒洋風スープ・・・小さじ2

・水・・・11/2カップ(300cc)

・塩・・・少々

 

【作り方】

1. フライパンにオリーブオイルを熱しニンニク、玉ねぎを炒める

2. お茶碗2杯分の玄米ごはんを入れさらに炒める

3. Aを入れ、フタをして弱火で3分煮込む

5. ピザ用チーズと黒いりごまを入れて混ぜ皿に盛りつけトマトを盛り粉チーズをふる

☆パセリをふってもOK☆

 

玄米の栄養

ビタミンB1

玄米100g中に0.41mg含まれているビタミンB1は、精白米の0.08mgと比べて約5倍の量です。ビタミンB1は、糖質を効率よくエネルギーに変え、肥満の防止に期待がもてます。不足すると、イライラや倦怠感、記憶力の低下、手足のしびれなどが起こり、疲れやすくなります。疲労回復を効率よく行いたいときは、ビタミンB1を積極的に摂取することがおすすめです。

マグネシウム

玄米100g中に110mg含まれているマグネシウムは、精白米では23mgしか含まれておらず、約5倍の量です。マグネシウムは、骨の重要な成分となっている他、多くの酵素の働きをサポートし、血圧や体温を調節するメカニズムにも関与しています。

食物繊維

玄米100g中には、不溶性食物繊維が3.0g、水溶性食物繊維が0.7g、含まれています。一方、白米に含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維はわずか0.5g、水溶性食物繊維はほとんど含まれていません。玄米は精白米より約6倍の食物繊維を含んでいることになります。食物繊維には整腸作用があり、便秘の予防や健康的な腸内環境の維持に役立ちます。

 

ラベルテールでは有機JAS認定いばら農園さんの玄米を取り扱っております

 

☆有機玄米・いばごろう コシヒカリ新米 真空パック2㎏

https://www.labelleterre44.com/products/detail.php?product_id=130

 

☆オーサワ アルチェネロ有機エキストラバージンオリーブオイル

https://www.labelleterre44.com/products/detail.php?product_id=152

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018-10-26 カテゴリー:レシピ, 健康, 栄養

検索
アーカイブ